杜の都文庫 心と体を整える私の実践note。

心が気分良く過ごせると体調も良い!そんな経験から健康でよりよく生きる為の取り組みを記録しています。

家への憧れ。

江戸東京博物館

 

18歳までの間、4つ程の家に住んだ。

 

産まれた時から幼稚園卒業まで 借家 注文住宅、

 

そして今の実家である注文住宅の計4。

 

全部一軒家。

 

子どもの頃、何度もいろんな展示場へ行ったし、

 

開発したばかりの住宅地で空き地も多かった子ども時代

 

お友達の家も新築だったので

 

友達の家や住宅展示場や分譲住宅の建て売りの内見など

 

凄くわくわくしながら

 

ある意味おうち探検のような気持ちで楽しかった思い出。

 

屋根裏や二段ベッド、ロフトなど

 

本当にその家それぞれのおもしろさがあった。

 

今でもその頃を思い出すとわくわくする。

 

 

家は3回建てないと理想の家にならないという格言みたいな

 

 

ものを聞いたことがあるけれど

 

 

その時の年齢にもよるし

 

好きなテイストも変わるし

 

無難だとつまらないし

 

けど一番重要なのは

 

理想とする周辺環境かどうか?な気がする。

 

家に大きな窓がほしいな〜などと

 

考えていても人通りの多い土地では

 

かなり難しい。全然家の中が丸見えでもいいなら別だけれど。

 

まずは自分が理想とする環境であり

 

通勤距離などの関係で

 

どうしても理想の静かな緑の多い環境を望めない場合

 

もあるけれど

 

その中でもできるだけ理想に近い環境を探したい。

 

今でもいろいろ妄想し楽しめる家造り☆

 

子どもの頃のわくわくが蘇る☆